へほは日記

無感動な大人を卒業して、感動屋なおじさんになります。

【競馬のお話】リアルじゃない二刀流って何??

最近、流行語大賞の上位の言葉を初めて聞くことが多い。

 

年を取ったせいもあるが、ソースが多様化していることも大きいだろう。

昔はみんなテレビがソースだったから、学校に行くとみんなコマネチをやっていた。

 

そんなわけで、リアル二刀流の「リアル」の意味がマジで分からん。

なに?なんちゃって二刀流のメジャーリーガーっていたっけ?そういうことじゃないの??

 

それはいいとして、二刀流で話題になっているソダシ。

血統的には確実にダートの方がいいに決まっているし、調教もかなり動いている。走法もパワー型でダート馬でもおかしくはない。

 

だから突き抜ける可能性はある。

でも不安もかなり大きい。

人気を考えると手が出ないというのが当欄の結論だ。

 

チャンピオンズCは年によって振れ幅の大きいレースだ。

過去5年のレース上りを並べると、

37.7、36.2、35.9、35.7、37.0

 

真ん中の3年だと、差し馬は35秒台を求められる。これでは地方中心に活躍している馬は勝てない。

逆に去年のように37.0だと36秒台で差し切れるので、チュウワウィザードがゴールドドリームを突き放す結果となったのだ。

 

35秒台を求められるなら、フェブラリーSワンツーのカフェファラオ、エアスピネルを見直す必要がある。

一方、36秒台ならチュウワウィザードやテーオーケインズとなる。

 

この見極めが必要だ。

 

ここでソダシが登場する。

不運なことに1番を引いてしまった。この枠では逃げるしかないだろう。

2番のカジノフォンテンは行かせるかもしれないが、前に行くことは確実。

 

こうなると鍵を握るのはデムーロのカジノフォンテンと川田のクリンチャー。

 

カジノフォンテンは川崎記念でオメガパフューム、かしわ記念ソリストサンダーを完封した地方の実力馬。上り35秒台では出番がないので、それなりに飛ばしていくことになるだろう。そのあたりはデムーロだからひよってスローに落とすことはないだろう。

 

クリンチャーは最も強かったのが昨年のみやこS

エアアルマスの速い流れを早めに押し上げて、突き抜けた。この時の上りが37.3。36秒台の決着ではなく37秒台がベストの馬なのだ。

そこは川田がよく理解しているはず。前走は武豊が優等生なレースをして速い上りを誘発してしまったが、川田は先行力を活かす競馬が天下一品なので、緩いペースにする愚行はしないはず。

 

ペースが落ち着くことは考えにくい。ソダシには逆風と思える。

 

37秒台で先行して粘れるクリンチャー。

36秒台で差せる流れが味方するチュウワウィザードとテーオーケインズ

これが中心。

 

押さえは緩い流れになって、ソダシが押し切るケース。

35秒台の差しが活きるならカフェファラオの競馬だ。エアスピネルとのワイドを押さえる。

 

 

 

鬼平逝く

中村吉右衛門さんが亡くなった。

歌舞伎役者だが、ワタクシにとっては鐵っつぁん、つまり鬼の平蔵だ。

 

鬼平犯科帳池波正太郎さんの原作がよいのは確かだ。

時代劇にありがちな白黒はっきり付ける勧善懲悪ではなく、善と悪が表裏一体なのが池波ワールドの基本。

 

鬼平犯科帳でも、準主役は同心や与力ではなく「犬」だ。

おまさ、小房の粂八、相模の彦十、大滝の五郎蔵親分たち。

f:id:nishiwoo:20211203004058j:plain

軍鶏鍋を囲むみなさん

f:id:nishiwoo:20211203004134j:plain

五郎蔵は元親分なので、ちょっと立ち位置が違う

鬼平犯科帳の良さは、これら準主役の「犬」たちと居るときのおだやかな「鐵っつぁん」と、救いようのない「悪」に立ち向かうときの容赦ない「鬼平」の二面性だ。これも表裏一体。

 

要するに人間って、一面ではない。善だけの人間っていないわけじゃないけど、どこかネジが外れていたりする。まれに信じられないほどの「悪」だけの人間もいるが、めちゃレアであって、たいていの人は善悪あわせ持っている。

 

鬼平はそれを理解したうえで、清濁併せ飲む度量があり、善悪併せ持つタイプの盗人を準主役に引き上げる。これが魅力だろう。

 

そして吉右衛門さん。

 

ワタクシはそれ以前の鬼平を知らないので、比較のしようもないが、上記のような度量の大きい「鬼平」を見事に演じあげている。

殺陣の動きが若干重いのはご愛敬で、粟田口国綱の裁きは素晴らしい。

 

何より一番なのは、「鐵っつぁん」のときの人懐っこい笑顔だ。五鉄で軍鶏鍋をつついているときの吉右衛門さんは心底楽しそうだ。

 

蟹江敬三さん、江戸家猫八さん、綿引勝彦さんもすでに鬼籍であり、綿引さんは分からないが、蟹江さんと猫八さんとは軍鶏鍋をつついていることだろうとワタクシの中ではそのシーンが浮かんでいる。

 

素晴らしい鬼平をありがとうございました。ワタクシにとって永遠のヒーローです。

 

【ガーデニングのお話】力強い

1週間前にベビーリーフ用にレタスミックスをまいた。ついでにほうれん草も。

昨日、少し芽が出始めていた。

f:id:nishiwoo:20211130234224j:plain

どこでしょう

手前にレタスの芽があり、中央の赤いポツがほうれん草の種で、その下に芽がいる。種の上の土を持ち上げて出てきたところだ。

 

力強い。

 

あとはクリスマスローズ

2株いるが、小さい方が真ん中からぐいっと伸びてきた。

f:id:nishiwoo:20211130234452j:plain

再来年の年明けくらいに開花か

いまはクリスマスローズの成長期なので、たっぷり日光を浴びせている。

 

最後はブロッコリー

f:id:nishiwoo:20211130234616j:plain

真ん中に注目

ちょっと分かりにくいが、つぼみが出てきた。

でかいプランターが狭く見えるほどの勢いで成長している。

芋系はうまくできないが、ブロッコリーは毎年旺盛に育ってくれるので楽しいよ。

 

 

【お酒のお話】酒飲みのテーマパーク

昨日、酒飲みのテーマパークに行ってきた。

こちら。

www.tamajiman.co.jp

 

昨日はジャズ奏者が来ていて、生演奏を楽しむ方が多かった。

ワインは作っていないと思うが、ワインもあり、つまみもあり。

奏者も聴衆も売り子も寒そうだったが、いいと思う。

 

ワタクシは寒がりなので室内で海鮮丼。

残念ながら車で行ったのでノンアルコールだったが・・・。

 

この時期は新酒が楽しみだ。

ワタクシは「あらばしり」と「さらさらにごり」を購入。

 

あらばしり」は昨年購入して、フルーティーな甘みに魅了された。

「さらさらにごり」は絶賛発泡中なので、フタに穴が開いているので、横置き厳禁の品。

これはね、お米のジュースだよ。甘みと酸味がさわやかで、アルコール17%であることを忘れてしまう。なんならマグカップでごくごく飲みたい。

 

ここは地ビールも作っている。

多摩の恵とTOKYOブルースという二つのラインがある。前者は正統派、後者は結構攻めた品ぞろえだ。

 

食事処は和食とビアガーデン。

和食は海鮮と酒粕や麹を使った料理が旨い。

 

あとは、当然ながら酒を売っているが、おすすめは漬物。キムチは酒粕か麹を使っていたと思うんだけど、すげえうまい。カクテキがおすすめ。

それとワタクシが好きなセロリの浅漬けもある。これとさらさらにごりでサッパリと何杯もいけちゃう。

 

酒造見学は中止しているが、広い敷地内を散策するのも良い。

新酒の時期はちょっと寒いのが難点だが。

新酒が終わって暖かくなると、大きなコイノボリが出てくる。これも見ものだ。

 

ちなみに、周囲の道は狭く、一方通行が多いので、車で行く場合、グーグルマップでの予習は欠かせない。

 

【相撲のお話】若隆景6連勝で勝ち越し!あきらめたらイカンと教わったよ!

ジャパンカップはダメでした。

シャフリヤールはあれだね。使える脚が短いんだな。

ダービーみたいにもたついた方がかえっていいのかもね。

川田はうまく乗りすぎた。(ワタクシはそうなると予想したのだが)

まぁ仕方ない。

 

一方の大相撲。

推しの若隆景、豊昇龍、高安がいずれも中盤で苦境に立ち、豊昇龍7勝、高安6勝で負け越し。

若隆景も9日目で2勝7敗の大苦戦。

ここから6連勝で勝ち越すなんて、誰も思わなかったよ。

何事も諦めたらいかんと教わったよ。

 

あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・?

だね。

 

これで若隆景は三役返り咲きでしょう。

二枚目の隆の勝が11番勝ったので、これが関脇か。筆頭の若隆景と大栄翔が8番で小結でしょうかね。

 

 

【競馬のお話】ジャパンカップは買いにくい

2強が抜けているので、馬券的には、

・どっちが勝つの?

・3着は?

の2点だけという感じ。しかも3着候補にワタクシの天敵アリストテレスがいる。買うと来ない、買わないと来る。なんやねん!ってヤツ。

 

困った。

馬単1点でいかないといけない。3連単はあくまで遊び程度。

 

ただし、エフフォーリアという図りやすいモノサシがあるので、何とかなりそうだ。

 

まずその前に、シャフリヤールの状態を懸念する声がある。

菊花賞組は、その前走、不良馬場の神戸新聞杯疲労を敗因に挙げている馬が何頭か。

シャフリヤールも疲労を引きずっているのでは?との懸念だ。

 

これが言いがかりだということは、ちょっと考えればわかる。

GⅠ未勝利馬は菊花賞を簡単に回避するわけにはいかない。古馬になって、GⅠの舞台に立てる保証はないからだ。

一方のシャフリヤールはダービーを勝っている。ジャパンカップは毎年あるのだから、本調子にないのであれば回避するだろう。ダービー馬がGⅠに出る以上、本調子に無いなんてことはないはず。

 

では安心して数字の分析から。

 

ダービーの上り3ハロン

レース上り

11.5-10.8-11.6

エフフォーリアの上り33.4

エフフォーリア(推定)11.0-10.8-11.6

シャフリヤールの上り33.4

 

天皇賞秋の上り3ハロン

レース上り

11.1-11.1-11.4

エフフォーリアの上り33.2

エフフォーリア(推定)10.9-10.9-11.4

コントレイルの上り33.0

 

上記のとおり、エフフォーリアの上り3ハロンのラップは近しい。

 

このラップに対してコントレイルとシャフリヤールはどういうラップだったのか。

シャフリヤール(推定) 11.5-10.8-11.1

コントレイル(推定)   10.7-10.9-11.5

 

シャフリヤールは直線向いてからもたついていたので、その間にエフフォーリアに離されてしまったもの。ラスト1ハロンの伸びは素晴らしかった。

 

コントレイルはエフフォーリアを大名マークしていたものの、逆転の雰囲気はなかった。

 

これらを自然に捉えると、シャフリヤールがスムーズに捌けさえすれば、ラスト1ハロンでひっくり返せると見る。そうすると、スムーズに捌けるかがカギになる。

 

ワタクシは捌けると読む。

◎シャフリヤール

〇コントレイル

 

 

 

【相撲のお話】竜電が幕下優勝?

最近、竜電の腰振り立ち合いを見ていないなぁと思っていたら、幕下優勝の報。

 

どうした???

 

夫人とは別の女性と「逢瀬(おうせ)等のため、不要不急の外出をしていた」と認められた。

「周囲の監視にさらされていなかったのをよいことに、女性と合計25回にもおよぶ逢瀬(おうせ)を繰り返していた」と報告。25回の外出のほとんどが場所中ということもあり「無自覚で軽薄な行為は許し難い」と断じ、出場停止の懲戒処分が相当と判断した。

 

阿炎や朝乃山もたいがいだが、これはさすがにまずい。奥さんとの仲は大丈夫なんでしょうか・・・・・・。

 

それよりも、幕下や十両の人たちはえらい迷惑な話ですよ。

阿炎がいなくなったと思ったら竜電が来て、次は朝乃山でしょ?ほんと迷惑だわな。