へほは日記

無感動な大人を卒業して、感動屋なおじさんになります。

【お恥ずかしいお話】弥生賞は堅いって聞いたけど?

理由を説明できないような決着だったとはいえ、お恥ずかしい限り。。。

 

しかも、少し前にこんなことを書いている。

 

振り回すにも限度があると思っていたわけではない。

単に振り回すのを

 

忘れていた。

 

いつの話だよ。ほんの数日前じゃん。

そう。ワタクシの記憶はこんなもの。子供の時から、記憶だけはサッパリだった。苦労したよ。。。

【競馬のお話】弥生賞は堅い

堅いだろう。

誰でも予想できることをもっともらしく書くな!

 

堅いけど難しい。

堅くないんかい!

 

いや、堅いのだ。オッズ度外視なら簡単だ。

だが、簡単なレースほど馬券選択が難しくなる。

 

ワイドだったら、シンエンペラーから2点、もしくは1点でもいいだろう。

でも1点はともかく、2点では馬券にならない。1点だって、小額投資をせざるを得ない身には2倍台ではどうしようもない。

 

今日の中山は思ったより馬場の回復が遅れ、やや重発表だったが、それ以上に荒れて見えた。

明日はさらに回復するだろうが、上り33秒台の争いにはならない。

 

展開的にはニシノフィアンスが逃げ、シュバルツクーゲルが2番手、シンエンペラーとダノンエアズロックが並走。2,3頭挟んでトロヴァトーレ、後方にファビュラススター。

 

勝負所で、長く脚を使うダノンエアズロックが先手を打つと思われるが、ここで問題がある。

 

ダノンの前走は確かに強かった。あのレガレイラを2度ほど突き放し、最後まで寄せ付けず完勝。

しかしデビュー戦は辛勝。

両者の違いはデキもあるだろうが、馬場もあるのでは?と思う。

 

上りは32.7と35.2。

今回はやや後者に近いと推測される。

辛勝だったデビュー戦を思うと、3強と言えるのか微妙。

 

仮にダノンが伸びあぐねるとすると、後続の追い上げ自体が遅れ、シュバルツクーゲルの残り目が出てくる。

 

ただし、シンエンペラーから逃れるのは難しい。

さらには、その後ろ。小頭数なので、それほど差のないところにトロヴァトーレがいる。

一瞬の脚ではダントツの存在。

シンエンペラーが抜け出したところにトロヴァトーレが急襲。3着にシュバルツクーゲルというのが本線。

 

やっぱりダノンが強かった場合、

それでもトロヴァトーレの急襲が最有力で、3強の残り2頭による2番手争いになる。

 

3連単3点で行く。

 

【雑多なお話】岡山と広島

今日、会社の資料を見ていて気になった。

中国銀行の本社は岡山にある。

 

関東にいるワタクシたちにとって、ふだん中国地方は全国版天気予報でしか関わらない。

そこで中国代表として君臨しているのは広島だ。

 

なので中国銀行の本店が岡山なのは興味深かった。

ちなみに、駅伝が強い中国電力の本社は広島だ。

プロ野球も岡山ではなく広島にある。

 

歴史的に見ると、栄えていたのは岡山だ。それこそ古墳時代飛鳥時代から吉備として栄えていた場所だ。

 

だがその当時栄えていたのは、やはり畿内に近いことがあったろう。畿内と大陸を繋いでいた越(福井)も栄えていた。

 

現在では、3大都市圏以外は中核都市が続く形になっている。

札幌、福岡に加え、仙台、広島が該当する。つまり東海道などの要衝上にあり、程よい間隔に位置することが仙台と広島を浮上させている。

天気予報で取り上げられるのは、まさにその点だ。

 

で、気になるのは、岡山と広島の関係。

関東でいうと、茨城、栃木、群馬が競っている。埼玉と千葉もライバルかもしれない。

神奈川出身のワタクシは高みの見物だ。神奈川はどこかとライバルと言われることはない。しいて言うと、大都市圏の港町ということで兵庫県と比較されることはある。

ちなみに、ワタクシは横浜ではないので、大都市圏にいた感覚は一切ない。市内に駅すらなかったのだから。。。

 

ぐぐった感じでは、あまりライバル心は無さそうだ。

岡山の関心は近畿にあるし、ライバルというなら香川だという意見もあった。

広島も自分たちが盟主だという感覚があるのだろう。ただ、岡山に対して規模は大きいが、都会度がどうかというと、やはり近畿に近い岡山が一歩リードしている気がする。

 

ところで、中国地方にはさらなる苛烈なライバルがいる。

鳥取と島根。

どちらを前に書いたらよいのやらというほどのギラギラのライバル関係。

一時期、鳥取県島根県に併合されたということで、それがライバル関係のドロドロに拍車をかけている。

 

関東的にいうと、茨城vs栃木vs群馬以上にどうでもよい。

上記3県はそれぞれ個性があるので、本当の意味でのライバルではない。

茨城には海があるしつくばや霞ケ浦など個性的な観光地がある。栃木の日光や那須は他には類するものがない断トツの観光地だし、群馬には草津がある。スキー場も発達している。夏に暑いことで有名な場所でもある。

それぞれ個性があり、別物である。

 

鳥取と島根もそうだ。

関東から行くとき、出雲大社に行くのか、砂丘に行くのかは明確であり、どちらでもいいや、なんてことはありえない。

 

個人的には高校の修学旅行で、広島、山口、島根は訪れたが、岡山と鳥取は行ったことがない。行ってみたいと思うし、加えて出雲大社には一度は行ってみたいと思う。

 

で、結局。

岡山と広島は別物なんだと思う。

(そりゃそうだろう)

 

【言葉のお話】女時キター!!!

ジェンダーレスの時代に「女時」はどうかとも思うが、言葉は文化であって、思想ではない。

男と女、陰と陽、太陽と月、凹と凸、プラスとマイナス。

いい悪いではなく、何事も複数の顔があるということだ。

 

で、何がキターなのかというと、女時だ。

悪い流れ。

 

まぁ要するに競馬がサッパリ当たらないということだ。

かすりもしなくなってきている。

重賞だ。

いや、重症だ。

 

狙ってもかすらないなら、振り回すまでだ。

ただし、明らかなボール球を振ってみすみす四球を逃してはならない。

振り回すにも限度があるということだ。

 

さて、女時というのは、ワタクシにとっては、世阿弥の言葉だ。

風姿花伝、別紙口伝にある。

「時の間にも、男時・女時とてあるべし」

 

能楽といえば、芸事と思われているが、かつてはパトロンを奪い合う勝負事だった。

本当に文字通り、優劣を決めるために演じる場があり、そこで勝ち抜くことがパトロンを得、生き抜くことにつながる。

なので、世阿弥の言葉は優雅なものではなく、勝ち抜くための指南書なのだ。

 

ほかにも参考になる教えが満載だ。(解釈は超意訳なので、あまり信用せぬよう)

 

「他の風体を嫌ふなり。これは、嫌ふにはあらず。ただ叶はぬ諍識なり」

自分とは違う、他のやり方を否定するものではない。どんなものでも面白いものはある。

 

「狂ふ所を花に当てて、心を入れて狂へ」

人心を得るには、本気でバカをやれ。

 

「ただ時に用ゆるをもて、花と知るべし」

何を求められているかを考え、それにこたえるべし。

 

「一期初心を忘れずして過ぐれば、上がる位を入り舞にして、つひに能下がらず」

初心を忘れなければ、何歳になっても向上し続けることができる。

 

「離見の見にて見る所は、すなはち見所同心の見なり」

独りよがりにならないよう、自分を客観的に見るべし。

 

「一切は、陰陽の和する所の境を成就とは知るべし」

すべては複数の要因が交じり合ってうまくいくものだ。

これは拡大解釈している。

例えば、冒頭にも書いたジェンダーレス。

レスではないと思う。やっぱり両方必要なのよ。ただ、そこに線を引くなということ。両方必要なんだから。「両方」に語弊があるなら、「みんな必要」ということ。

 

栄養もそう。

極端に炭水化物を抑制してはいけない。

これだけ人口が増えて、寿命が延びたのは、8割がた炭水化物のおかげなのだ。

それに、炭水化物は強烈な依存性があるので、あまり無理に我慢すると、イカれる。

 

だから適度に摂取したほうがいいし、時には欲望に任せて

ラーメンライス!餃子定食!お好み焼き定食!丼とうどんセット!ドリア!

などの炭水化物マツリも必要だ。

(ぜんぶいっぺんに食うという意味じゃないぞ。ラーメンライスみたいな炭水化物+炭水化物も時にはOKだということ)

 

ワタクシもマラソンの2日前は炭水化物マツリをやることに決めている。これもマラソンの楽しみ。

2日前の夜には普段ほとんど食べないポテトチップスでビールを飲むのだ。

(1日前は飲まないので)

 

だいぶ話が飛躍したが、やっぱり世阿弥は凄い。

若くして強力なパトロンを得たものの、次第に若い世代にとって代わられ、その苦悩の中から紡ぎ出した金言。

参考にしない手はない。

 

【お酒のお話】黒糖焼酎「里の曙 3年貯蔵」は黒糖の香りが凄い

ワタクシ、蒸留酒ではないお酒が好きだ。

日本酒やビール。(ワインは一時期飲んでいたが、ちょっと苦手)

 

ただ、日本酒やビールは飲みすぎるとかなり堪える。

体に負担がかかっているのが明らか。

 

それに対して、蒸留酒メインで飲んでいると、翌日にまったく残らない。疲れもない。

体に優しいのは明らか。

 

そんなわけで、両方を飲んでいる。

少ないときは前者のみ。量を増やすときは後者。

 

というわけで、ワタクシ家にはビール、日本酒、蒸留酒が必ずある。

蒸留酒はいろいろさまよったが、ジン→芋焼酎→ジン→泡盛と遷移していたが、最近はまっているものがある。

 

黒糖焼酎

 

以前にも飲んだことはあるが、再度試してみたのだ。

 

里の曙の3年貯蔵。

 

馬の名前に聞こえなくはない。いや、関取の名前にも聞こえる。

違うのだ。黒糖焼酎のイメージを変えたと言われる逸品なのだ。

 

これを飲んだ時は軽い衝撃を受けた。

黒糖の香りがバツンと来る。ふわっと香るとかではない。ガツンと香る。

もちろん味は甘くない。

でも香りは甘い。とてもいい。

 

しばらくは、里の曙でいく所存。

 

【競馬のお話】阪神は今日も雨ぇだぁった~

年がばれますな。

 

中山はそこまで雨の影響を受けないと見ているが、阪神は重馬場適性がモノを言うと見る。

 

本命はダノンティンパニー。

高速回転走法なので、雨だろうが砂だろうが蹴散らして進むはず。

あの高速回転のフットワークは距離短縮で威力が増す。

前走は不利が大きすぎたので度外視。

 

相手は素直にスマートクラージュとした。重でもなんでも条件問わず崩れないのが売り。

 

▲はカルロベローチェファルコンステークスではタマモブラックタイの後塵を拝したが、スムーズなら逆転していた。道悪は得意なはず。

そもそもNHKマイルCで1番人気を張った馬。▲でも失礼かも。

 

あとはタマモブラックタイ。

 

ウインマーベルはムラが大きいので、人気で買う馬ではない。

 

【競馬のお話】この時期の中山は外を回すと厳しい

一般論だ。

なので、立ち回りの上手いエルトンバローズ、ヒシイグアスが有力なのは間違いない。

 

ただ、それがオッズにはねるのであれば、少しひねくれた考えも必要かもしれない。

隠れイン突き巧者のイルーシヴパンサーが狙い目。

 

京都金杯(中京開催)でインをこじ開けて快勝。

続く中山記念も絶好の手ごたえでインを突こうとしたが、シュネルマイスターとお見合い。

勢いに勝るシュネルが先に行き、ジエンド。

詰まっていなければ、シュネルとの併せ馬でヒシイグアスに先着の2着(1着はシュネルマイスター)だったと思う。

 

その後2戦はイマイチだが、マイルCSでは大外を凄い脚で飛んできた。

うまくインをさばければ、エルトンより前に出る可能性は高い。

 

対抗はやはりヒシイグアス。

大阪杯から天皇賞までの3戦がサッパリで、終わったかと思ったが、前走の香港カップがあわや。まだ力を維持していることを示した。

得意の舞台なら。

 

タテメの重要な▲は普通ならエルトンバローズだが、1番人気濃厚。

ソールオリエンスとした。

有馬記念0.7差8着なら、十分上位の能力と言える。

多少の降雨があり、ソールに求められる上りは34秒後半と想定される。

ソールは上りがかかればかかるほど力を発揮する。34秒後半ならギリOK。3着は外さない。

 

大穴はラーグルフ。

何しろ昨年の大外強襲が凄い。内有利とか関係なしの鬼脚。

降雨の影響がそこまで大きくないならば、再現も期待できる。