へほは日記

無感動な大人を卒業して、感動屋なおじさんになります。

【競馬のお話】オークスは覚悟を決めてあの馬か

やっぱりサークルオブライフが中心なのは間違いない。

 

桜花賞を何度も見返してそう思った。

馬場のバイアスがきつかったし、不利な外を回して伸びてきた馬の中ではダントツの脚。

唯一好勝負したベルクレスタでも逆転の材料はなく、差し馬がサークルオブライフに勝つのは不可能。

 

再度、先行馬が抑え込む可能性はある。

ただし、ウォーターナビレラは桜花賞に全力投球して馬体を減らしてしまったので、スターズオンアースか、別路線のアートハウスあたりしかいない。

 

アートハウスは軽い相手にはもの凄く強い競馬をしているが、GⅠでどうかというと、エリカ賞のように凡走する可能性が高いと見る。

 

むしろ、桜花賞を差して好走したベルクレスタ、着順は悪かったが豪脚を垣間見せたプレサージュリフトの方が信頼できる。ただしサークルオブライフ逆転まではない。

 

あとはステップレース組だが、断トツの存在なのはルージュエヴァイユだと思う。

何しろデイジー賞の内容が尋常じゃない。

まだ先頭まで距離がある時点で、ジョッキーが追うのをやめている。

止めたというか、邪魔しないようにしたというのが正解。それくらいの断トツの脚を見せていた。

 

いくら相手が弱くても、あんな脚は凡馬には出ない。

今のところ、▲以上の印を想定している。

 

サークルオブライフとのワイドが勝負馬券になる。