へほは日記

無感動な大人を卒業して、感動屋なおじさんになります。

【物理学のお話】めっちゃ、もやもやするよねー

ビッグバンはもはや常識となっている。

宇宙は広がっていて、137億年前には火の玉のような状態で、それがドカンと広がりだした。

 

ビッグバンから一定の間は、ブラックホールと同様、相対性理論が通用しない世界だ。

 

それももやもやするのだが、ビッグバンには昔からもやもやしている。

・宇宙が拡張しているのは分かった。その外側はどうなっているの?

・ビッグバンの前は?ずっと火の玉だったの?

 

前者はまだいい。空間だけはあって、素粒子がドカン!と平がったとイメージできなくはない。

 

後者はどうだ。

宇宙っていつから始まったの?その前は?

という問いはもはや哲学の世界だ。

 

ビッグバン以前から何かはあったのだと想像する。

ずっと火の玉だったの?

あるいは前回のビッグバン以降に収縮して、火の玉に戻ったのか?

 

想像を絶するよね。。。